夏休みの課題図書2016/08/23 20:36

本屋がなくなったら、こまるじゃないか
先日のNET21定例会後の懇親会で、向かいの席に座ったF書店のF氏から無言のまま「本屋がなくなったら困るじゃないか」を渡された。
なにか?と顔で問いかけるが、彼はただうなずくばかり。
すると、隣にいたO堂のO氏がこの本の解説を始めたり、寄稿しているN書店のN氏が自分の写真がどのようにしてきれいに撮れているか、などという話になったりで、結局渡された理由がわからないまま受け取ってしまった。それでこの本を読んだのだ。

対談本は、わたしには苦手なジャンルだが、この本の出席者は話をしたことがある方が多いので、話の内容と彼らの顔を思い浮かべながら読んだ。
課題図書であるならば、感想文を書かねばならないのだが、それはかなり難しい。
問題点を挙げることはほぼ出来ていたとしても、その問題に対する解決策を構築することが出来ていないことが問題であるからだ。
一つ言えることは、自分が携わっている」仕事について、更なるスピードが必要だ、ということであろうか。

座れなかった女性2016/08/24 23:04

ゆうやけ

朝の満員通勤電車で、通路の入り口付近に立っていると、わきをネコがすり抜けるかのように、頭から突き進む20歳台後半と思しき女性。
次のN駅で、いくつもの席が空くのを知っているのか、席の前を確保したいらしかった。
駅に止まると、彼女の前の席がほとんど半分くらい空いた。
ところが、彼女は降りる人たちに流されて、前に進めないでいる間に、席は埋まってしまった。
彼女は負けたのだ。しかもその席取りバトルで相当息があがっている様子。
しばらくして心が落ち着いたらしく、立ったまま文庫本を読み始めた。
そうして、私が下りるまで、およそ30分間、彼女は座ることが出来なかった。
たぶんその努力のありようで、明日はきっと座れることだろう。