文藝春秋サロンのコーヒー2018/12/13 21:57

おいしいコーヒーのあるサロン

文藝春秋の営業担当者との打ち合わせは、1階のサロンで行うことが多い。
ここのコーヒーはちゃんとおいしいので、わたしはいつもホットコーヒーを頼むのだが、あたたかいお茶もおいしいとのこと。
このサロンは、編集者と著者が打ち合わせをする場所で、それなりに有名な作家に出くわすこともある。
もっとも、誰それと教えてもらわなければ、顔で判別はできないのであるから、編集者らしき人が大勢群がって話をしている人が、たぶん売れている作家であるのだろう、と思ったりしている。
対談している様子を、フラッシュや反射板を使って大がかりな写真撮影している場面に何度か出くわした。
しかしながら、その撮影対象の作家に注目しつつも、撮影しているカメラ、レンズと、さらには撮影スタイルに関心がいってしまうことに、われながら呆れたりすることもある。