本を買う本屋とは2018/11/19 22:27

山陽新幹線500系「こだま」
仕事柄、いろいろな書店をのぞくのだが、そのときに「本を」買う店と買わない店がある。
良い陳列や棚構成だと思っても、買うまでに至らない本屋も多い。
その店で買わなかった本を、別の店で買うこともある。
もちろん、買う目的で本屋に入った場合以外の時のことではあるが、なぜだろうか。

家にある本で、なぜその本を買ったのか自分でもわからない本もある。
総合的なその書店の佇まいと、本に「家に連れて行って」と言わせる置き方になっていたから。とでもいうのが、その本を買った理由に近いか。
あるいは、自分が何かを求めているときに遭遇しただけか。
そうでもあり、そうでもないのかも知れない。
まぁ、どうでも良くはないが、すぐにわからなくても困ることでもないような気がしている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mainz.asablo.jp/blog/2018/11/19/9000898/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。